お財布の札入れの仕切りは何のためにあるの?

お財布の札入れの部分に1枚仕切りがあるものが多いですが、いったいあれは何のためにあるのでしょうか。もちろん、用途としては使用頻度の低い一万円札・五千円札と使用頻度の高い千円札を分けて使いやすくする、あるいはお札とレシートを分けるという使い方があると思います。しかし、お店のレジでお札を出し入れする際に、わざわざお札やレシートを仕分けて入れたりする手間を考えると、そこまで便利ではない気がします。少なくとも私はそのようなことができるほど器用ではありません。それにお財布の中にレシートを入れっぱなしにしている人は家計の管理ができていないのではないでしょうか。例えば、家計簿で家計管理をしている人は買い物ごとにレシートを財布から出すはずだからです。このように考えてみると、財布の札入れの部分の仕切りはそこまで重要度が高くなく、何となく付けてあるものなのではないでしょうか。私なんかはこの仕切りを邪魔だと思ってしまうので、このような仕切りがないメーカーのものを買っています。こんなことを気にしてしまう私が変なのでしょうか?

大阪のオススメの美味しいスイーツのお店を紹介します。

大阪のオススメの美味しいスイーツのお店を紹介します。
堺市にある、かん袋、というお店は、餅の、お菓子が美味しいお店です。
くるみ餅(1人前、350円ほどだったと思います。)は、白い餅に、緑色の餡で、くるんである商品で、
餡は、しっかりした甘みがあり、弾力のある、餅の食感と、餡の甘みと良く合うおいしい一品でした。
その他、イートインもできるお店で、駐車場もある、お店です。
堺市にある、本家小嶋というお店は、美味しい和菓子がいただけるお店です。
芥子餅(けしもち、115円ほどだったと思います。)は、15個入りや、20個入りなどもある、
美味しい、和菓子でした。
この商品は、丸い形をした餅菓子で、程よい甘みの、こし餡が、求肥で包まれていて、餅の表面には、
芥子の実が、たっぷりまぶされており、芥子の実の香ばしさと、つぶつぶ感、餡の程よい甘みが、
うまくマッチしたおいしい、和菓子でした。
その他、箱売りの商品には、ニッキの味の餅も入っていて、この餅も美味しかったです。痩せ 酵素